初七日・法要のマナーとルール|株式会社美花園/h1>

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

葬儀のマナーとルール

初七日・法要

納骨の時期

納骨は四十九日を目処に執り行うのが一般的ですが、喪主の気持ちや家族の事情により納骨の日程は決められて構いません。遺骨を自宅に安置しておくのは法律上問題はありませんので、喪主や遺族が精神的に安定するまで安置しておくのが自然と思います。

遺骨は忌明けまで中陰壇を仏壇の前に飾り七七日忌の法要を行って納骨されるのが一般的ですが、初七日忌から七七日忌までの適当な日を選んで納骨されたり 一周忌、三回忌と同時に納骨されたりです。

葬儀当日、火葬場から直接その日のうちに納骨することもあります。神式の場合は火葬後すぐ納骨するのがよいとされていますが、仏式と同じく後飾りを用意して50日祭を目処に納骨します。

キリスト教の場合は納骨の時期に決まりはありません。カトリックは仏式と同じく七七日忌以降に納骨することが多いようです。プロテスタントでは1ヶ月目の召天記念日に納骨することが多いようです。

墓地が遠方にあったり、すぐに納骨する場所が確保できなかったり、またその他の事情で遺骨を安置する場所が見つからなかった場合は、寺院や霊園に仮安置してもらいましょう。

納骨の際は、納骨法要をおこないますが納骨は内輪だけで行うのが一般的ですのでおおげさにせず、たとえ親族であっても遠方に住んでいらっしゃる場合は無理を言ってきてもらう必要はありません。

墓地の事務所や菩提寺の住職に納骨の日時を告げ、その準備をしてもらいましょう。納骨の際は、埋葬許可証と印鑑を忘れずに持参しましょう。葬儀後、中陰飾りに安置していた白木のお位牌は納骨の時に菩提寺に納めます。

納骨までの間に仏具店で黒塗りの位牌に戒名を彫ってもらっておきましょう。塗り位牌は、納骨後自宅の仏壇に飾ります。ホームページをご覧いただきましたら、パック料金のご案内と同時に、花祭壇・骨壺・各宗派の祭壇等ご案内させていただきます。

忌 喪中について

ご家族にご不幸があった日から忌明けまでを忌中といい、その期間は忌に服するのが慣わしです。亡くなってからの1年間は喪中といい喪に服す期間とされていますが、近年はお正月行事を控える位で、生活に大きな制限はありません。

日本での忌服は、一般的に 仏教の考え方にそって四十九日までとされています。四十九日を過ぎれば、故人の魂が家から離れると言われて、この日を目処に納骨をされるのが多いようです。キリスト教では忌明けはありません。神道では五十日祭の日を忌明けとしています。神道では、忌服期間の神社参りは慎み、氏神の祭事なども控えます。

忌服期間は、お正月行事を控えるのでこの期間は、しめ縄、門松、鏡餅などのお飾りはしません。お節料理やお屠蘇などの用意もしないのが一般的です。年始まわりや初詣も控えます。

法要について

地域によって読み方は異なります

忌日法要
初七日「しょなのか」死亡日を含む
二七日「ふたなのか」
三七日「みのか」
四七日「よなのか」
五七日「いつなのか 三十五日」
六七日「むなのか」
七七日「しちしちひ 四十九日」
百か日「ひゃっかにち」
 
年忌法要
一周忌「いっしゅうき」
三回忌「さんかいき」
七回忌「ななかいき」
十三回忌「じゅうさんかいき」
十七回忌「じゅうななかいき」
二十三回忌「にじゅうさんかいき」
三十三回忌「さんじゅうさんかいき」
五十回忌「ごじゅっかいき」
百回忌「ひゃっかいき」

初盆の準備

美花園では、ご尊家様の初盆にあたり、ご納得いただけるご奉仕を心がけております。香を焚き、亡き人を偲ぶにふさわしい、意義深い盆をお迎えしていただきたいと思っております。

お迎え提灯 43センチ程度が適当で、家紋入りのものを門口や玄関先にともします。
迎え火 十三日には、麻がら・松の小枝・桜の皮・ワラ等を門口で焼き、仏様をお迎えします。(宗派によってはこの限りではありません)
お盆飾り 初盆はお参りのお客様も多く、とくに丁寧な飾り付けでお迎えしたいものです。お参りの人数は、おおよそご葬儀の会葬者の三分の一といわれます。お飾りには、線香、ローソク、お供え物等こまごましたものをはじめ、お参りゴザもご準備になられた方が良いでしょう。
お寺様 ご僧侶は、短期間のうちに数多い檀家を回られますので、早めに申し込まれてください。お参りの日時は、ご僧侶のスケジュールに合わせられるのがマナーです。
ご僧侶をお迎えしたら、冷たいおしぼり、飲み物を用意すると喜ばれます。
料理 初盆の場合、ご僧侶のお参りに合わせて親族の方に集まっていただき、精進料理を用意しおもてなしします。
返礼品 お参りの方々はお香典を用意されますので、心尽くしの品を用意しておき、供養のお気持ちでお返しをします。
盆礼状 本来ですと、お礼状はお盆が済みまして郵送するのもですが、最近では前もって印刷、準備しておいて、お参りの時に返礼品に添えて礼状を差し上げるご家庭が多くなっています。
提灯 住吉提灯(天井から下げるタイプ)、大内提灯(床に置くタイプ)、博多提灯等、種類・大きさ色々ございます。手描き紋入れ、提灯用電気コード等もご用意いたしております。祭壇に合わせてご準備されると良いと思います。
送り火 十五日の夜、送り火を焚き、仏様をこころから安らかにお送りしたいものです。(宗派によっては、この限りではありません)

お墓参り

先祖に感謝の気持ちと報告もしてお墓参りをされる方が多いと思います。お墓参りは思い立った時、何時されても構いませんが、春・秋の彼岸、人の命日、祥月命日、お盆にされるようです。

お寺の境内の墓地・公営墓地・民間の墓地等場所によっては持参する物ややり方に違いがあるかと思いますが、お参りの時は、お寺様の場合は御住職にあいさつして本堂で参拝してから、お墓にお参りしましょう。

お経をお願いしている時は、内陣のお花や供物(果物 菓子・お布施等)を用意して お経をあげてもらいましょう。お墓にお参りする時はまず、お墓の掃除をします。お墓を水で綺麗に洗い、周りの草やごみを取ります。花や供物、故人の好きな食べ物、線香、ろうそくをあげ、墓石を水で清めます。そして、合掌・礼拝。

公営や民間の墓地・霊園の場合、手桶や柄杓等は準備してありますが 墓石の周りの草取りや墓石磨きの為、軍手やスコップ・雑巾等用意していった方が良いでしょう。その他、ろうそく・線香・マッチ・着火剤も忘れず持参しましょう。

墓前に置く供物、故人の好物、菓子・果物・飲み物も用意してお参りしましょう。 墓石に酒・ジュースをかけたら最後は水で流しておきましょう。帰る時は野外の墓地の場合は、供物・菓子や果物は持ち帰りましょう。

蝋燭や線香の火も確認しましょう。長い年月で、いい時も悪い時もご先祖様に手を会わせるのは私たちの生活に根付いています。お墓参りは心も落ちつき、洗われます。

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved