記事一覧|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

美花園コラム一覧

■■年金の手続き(3)■厚生年金の場合 厚生年金に加入していた人が死亡したときは、国民年金の「遺族基礎...(→詳細)

■■年金の手続き(2)■国民年金の場合 ▼遺族基礎年金がもらえる人   国民年金に加入中の人、または老...(→詳細)

■■健康保険の手引き(2)■高額医療費を払ったら 故人が長期療養や、大病の後に死亡し、一局額の医療費を...(→詳細)

■■役所などへの手続き(3)■保険金請求の必要書類 必要書類は、保険会社に間い合わせましょう。  保険...(→詳細)

■■役所などへの手続き(2)■カードや身分証明書は ▼クレジットカード   故人名義のクレジットカード...(→詳細)

■■葬儀事務の整理■宴席の後、別室で 受付を手伝っていただいた方と、通夜・葬儀の細かい事務の引き継ぎを...(→詳細)

■■寺院・神社・教会へのお礼(2)■神式のお礼は「御祭祀料」 神式では、斎主(式を司る神職)、斎員(そ...(→詳細)

■■忌中札と神棚封じ■死者が出たことを知らせる「忌中札」 その昔、死者が出た家では、玄関に「忌中」と書...(→詳細)

■■「お別れ会」を開く■告別式を独立させたお別れ会 いわゆる「お別れ(の)会方式」と呼ばれるものは、死...(→詳細)

■■葬儀・告別式でのあいさつ(2)■出棺前の喪主のあいさつ例<故人の息子>▼参列のお礼 本日はお忙しい...(→詳細)

■■通夜でのあいさつ■通夜の弔問返礼あいさつ例<故人の息子>▼参列のお礼 本字はお忙しいなか、ご弔問い...(→詳細)

■■還骨法要と初七日法要(2)■喪主は招待客にあいさつを 喪主や遺族は、招待する側ですから末席に座り、...(→詳細)

■■還骨法要と初七日法要(1)■還骨法要をする ▼清めはしなくてもよい    火葬が終わると、遺族と列...(→詳細)

■■火葬場へ向かう■仮想許可証を忘れずに 出棺が終わると火葬場へ向かいます。火葬許可証がないと火葬がで...(→詳細)

■■お別れの儀と出棺■最後のお別れ ▼別れ花    告別式が終わると、柩が前に出され、ふたを開け、遺族...(→詳細)

■■家族葬(密葬)(2)■家族葬を終えたら通知を出す 家族葬はまだ社会的に浸透していないこともあり、一...(→詳細)

■■無宗教葬(自由葬)(2)■無宗教葬の進め方 一例をご紹介します。  ●枕飾り/小さな机に、生花とろ...(→詳細)

■■キリスト教式の通夜と葬儀・告別式(3)■印刷物の用意を 参列者のなかには、キリスト教の通夜や葬儀に...(→詳細)

■■キリスト教式の通夜と葬儀・告別式(2)■カトリックの葬儀・告別式 カトリックでは、日本の葬儀習慣も...(→詳細)

■■神式の通夜と葬儀・告別式(3)■神式での振る舞いは「直会」 神道では、通夜振る舞いや、葬儀の後の宴...(→詳細)

■■神式の通夜と葬儀・告別式(2)■遷霊祭(御霊移し)のしかた ①部屋の明かりを消す/遷霊祭は「御霊移...(→詳細)

■■通夜・葬儀の打ち合わせ(5)■数珠のいわれ 仏教徒は、通夜・葬儀のとき、数珠を持ちます。本来、数珠...(→詳細)

■■通夜・葬儀の打ち合わせ(4)■葬儀・告別式次第 ①一同着席/喪主、遺族、親戚、関係者は、開式の15...(→詳細)

■■通夜・葬儀の打ち合わせ(3)■通夜の式次第 ①遺族・関係者が着席/喪主と遺族は、通夜の始まる15分...(→詳細)

■■通夜・葬儀の打ち合わせ(2)■葬儀・告別式の進行 火葬の時間は遅らせることはできないので、弔辞など...(→詳細)

■■通夜・葬儀の打ち合わせ(1)■世話役、葬祭業者と ①受付係の確認    通夜と葬儀当日の受付係を確...(→詳細)

■■通夜・葬儀の遺族の服装(2)■子どもは征服で 学校に制服があれば、それが礼装になります。制服がなけ...(→詳細)

■■通夜・葬儀の遺族の服装(1)■通夜も葬儀も遺族は喪服 近年は、通夜でも遺族は喪腰を着るようになりま...(→詳細)

■■供花と供物■辞退するときは掲示を 供花や供物を辞退する場合は、その旨を受付前に掲示します。また関係...(→詳細)

■■返礼品・会葬礼状の手配■返礼品を用意する 仏教では、他者に布施をすることが、仏に徳を積み、これを死...(→詳細)

■■<手順>通夜から葬儀まで 【通夜】  <通夜の開始>     ・弔問客の受け付けを始める     ...(→詳細)

■■葬儀の日程を決める(2)■火葬場が予約できない 火葬場が混みがちな大都市では、予約がとれず、中2~...(→詳細)

■■葬儀の場所を決める(2)■葬祭業者経営の斎場が選ばれる理由 ①住宅事情  ②手伝いの人手がいらない...(→詳細)

■■葬儀の場所を決める(1)■式場の最近の傾向 式場としては、自宅、寺院、教会、集会所、公民館、斎場(...(→詳細)

■■葬儀プランと打ち合わせ事導(2)■葬祭業者の仕事の確認 葬祭業者が行っている仕事は左の表のようなも...(→詳細)

■■葬祭業者の選び方(4)■葬祭ディレクターとは 1996年から、葬祭業従事者を対象に、厚生労働省認定...(→詳細)

■■葬祭業者の選び方(3)■葬祭業者のいろいろ(1) ▼葬儀社  葬儀の専門業者で、扱い件数は葬儀全体...(→詳細)

■■葬祭業者の選び方(2)■選ぶ基準をどこにおくか 価格の安さか、あるいは少々高くても内容やサービスの...(→詳細)

■■死亡届と火葬許可証(2)■届け出をできる人 同居の親族、同居してない親族、親族以外の同居人、家主、...(→詳細)

■■戒名(法名)とお布施(2)■戒名のつけ方 戒名は、「□□院、○○△△居士」というように、院号、道号...(→詳細)

■■宗教について検討する(2)■主な宗教・宗派 ▼仏教/天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞...(→詳細)

■■宗教について検討する(1)■葬送儀礼の宗教を決める手順 日本の葬儀の94%は、仏式で行われています...(→詳細)

■■喪主の決定と葬儀の打ち合わせ■喪主を決める 喪主は葬儀の主宰者です、故人が生前に指定している場合は...(→詳細)

■■納棺する(2)■遺族も参加して棺に納める 通夜の前に家族がそろったところで遺体を納棺します。棺の底...(→詳細)

■■遺体の安置と枕飾り(2)■枕飾りをする 遺体のかたわらに枕飾りをします。 白い布をかけた小机を準備...(→詳細)

■■不慮の死の場合(2)■遭難死した場合 海、山での遭難死では、遺体が発見されないことがあります。この...(→詳細)

■■不慮の死の場合(1)■自宅で死亡していたとき ひとり暮らしの親が、電話をしても出ないので、行ってみ...(→詳細)

■■遺体の搬送(2)■退院の手続きをする 遺体が霊安室に運ばれ、手配の搬送車が到着するまでの間に、退院...(→詳細)

■■看取りと死後の処置(2)■末期の水のいわれ お釈迦さまが、死を目前にして、喉の渇きを訴え、弟子が浄...(→詳細)

■■看取りと死後の処置(1)■末期の水をとる いまは病院で死ぬ人が80%です。医師が診断して死亡を判定...(→詳細)

■■危篤になったときの手配(2)■緊急定文電報の打ち方 電話が通じないときの連絡法のひとつに、電報があ...(→詳細)

■■臨終から納棺まで(2)■遺体の安置 ・遺体を安置し、枕飾りをする  ・枕経(仏式)をあげていただき...(→詳細)

■■葬儀の費用はいくらかかる(5)■人的サービスが重要 基本セットの人的サービス料(人件費)の詳細は、...(→詳細)

■■葬儀の費用はいくらかかる(4)■葬儀の収支(2) ◆お葬式の費用参考例(3ランク)◆  支出  ―...(→詳細)

■■葬儀の費用はいくらかかる(3)■費用の目安を知ることが大事(3) ▼香典返し/いただいた香典に対す...(→詳細)

■■葬儀の費用はいくらかかる(2)■費用の目安を知ることが大事(2) ▼基本セット/祭壇料、受付設置料...(→詳細)

■■家族の死に備える(2)■周囲の人の思いも忘れずに 「葬儀はしない」という本人の意思を尊重して「家族...(→詳細)

■■ひとり暮らしの場合は■生前契約システムを利用する ひとり暮らしの人は、終末期や、死亡時、死亡後のこ...(→詳細)

■■遺言を書こう(2)■法的効力のある遺言事項 遺言は、法的効力のあること以外は、書いても執行される保...(→詳細)

■■お墓を準備する(2)■お墓以外の選択もできる お墓には入らずに、好きな山や海に散骨する、あるいは、...(→詳細)

■■生前準備システム(3)■契約(予約)のポイント ①解約や変更が可能か/契約してから死ぬまでの間に、...(→詳細)

■■生前準備システム(2)■家族の同意を得ることが大切 生前契約や予約は、本人の意思だけでなく、家族の...(→詳細)

■■自分で葬儀をデザインする(2)■葬儀の内容・演出を考える(2) ▼旅立ちのファッション    「自...(→詳細)

■■尊厳死・献体・臓器提供を望むなら(2) ■尊厳死公正証書 公証人が尊厳死を希望する本人から内容を聞...(→詳細)

■■尊厳死・献体・臓器提供を望むなら(1)■尊厳死を選ぶときは 回復の見込みのない末期となったとき、ど...(→詳細)

■■終末期をどう迎えるか(2) 任意後見契約は、必ず公正証書でなければなりません。公証役場で契約を結び...(→詳細)

■■エンディングノートをつくる(2)■「生前葬」とは 1993年に、プロデューサーの水の江滝子さんが行...(→詳細)

■■エンディングノートをつくる(2)■本人の意思を試す 「遺言」は、遺言者の意思を法的な拘束力をもって...(→詳細)

■■変化する葬儀とお墓への意識(2)■葬儀の多様化が進む ▼伝統的な葬儀    長い歴史をもち、現在も...(→詳細)

■■土地家屋調査士に依頼する■どんなことを依頼するか 土地家屋調査士は、不動産の登記に必要な調査や測量...(→詳細)

■■司法書士に依頼する■どんなことを依頼するか 司法書士は、法律に関する書類作成のエキスパートです。仕...(→詳細)

■■税理士に依頼する■どんなことを依頼するか 税理士は税の専門家です。相続税・贈与税など、税に関する相...(→詳細)

■■弁護士に依頼する■どんなことを相談するか 弁護士には、遺言や遺産相続に関するあらゆる相談をすること...(→詳細)

■■相続税の延期と物納■延納と物納が認められる場合がある 相続税の納1.Jは、定められた期限内に行わなけれ...(→詳細)

■■弔慰金は非課税 一般的な意味での弔慰金には課税されませんが、その他に生命保険金と退職金などのみなし...(→詳細)

■■相続税の算出方法―実際の計算の仕方(3)(第四段階~第五段階) 〔第四段階〕各相続人の相続税額のあ...(→詳細)

■■相続税の算出方法―実際の計算の仕方(2)(第三段階) 〔第三段階〕相続税の総額の計算    ここで...(→詳細)

■■相続税の算出方法―実際の計算の仕方(1)(第一段階~第二段階) 計算の大まかな流れはおわかりのこと...(→詳細)

■■控除の順序(2)、相続税の算出方法―5段階に分けて計算 <障害者控除>    法定相続人が障害者で...(→詳細)

■■相続人によっては相続税が加算される 相続税額が加算されるケースがあります。それは、被相続人の配偶者...(→詳細)

■■債務と葬式費用は相続財産から差し引く 相続財産の対象としては土地や家屋、現金といった資産だけでなく...(→詳細)

■■海外資産の相続日本人が外国に住むケースも増えています。また、外国人が日本に住むケースも年を追うごと...(→詳細)

■■財産の種類によって相続税の計算も変わる 相続税の対象となる財産は、大きく分けて現金、預金、不動産、...(→詳細)

■■不動産の評価(2)  ●小規模宅地等の特例    小規模宅地等の特例とは、相続または遺贈により取得...(→詳細)

■■不動産の評価(1) 相続財産の評価は、原則として時価(相続税法――以下相法と省略=二二条)です。し...(→詳細)

■■印鑑が適切に押されていないことが多い 意外に多い書き直しの例として、印鑑が適切に押されていないケー...(→詳細)

■■分割協議の留意点(4)■分割協議後の財産 遺産分割にあたっては、財産自体が明確であることが必要です...(→詳細)

■■分割協議の留意点(3)■相続人が未成年者の場合には特別代理人を選任することも 相続人が未成年者の場...(→詳細)

■■分割協議の留意点(2)■遺産分割協議書の例② 遺産分割協議書東京都港区○○町口口番△△号   共同...(→詳細)

■■遺産の管理 遺産分割が成立するまでの間、遺産を管理する必要があります。民法九一八条一項では、「相続...(→詳細)

■■相続したくなければ相続放棄 繰り返しますが、相続は被相続人の死亡によって開始します。そして、その後...(→詳細)

■■あるがままに引き継ぐ単純承認 民法では、相続について①単純承認、②相続放棄、③限定承認という3つの...(→詳細)

■■相続開始前に相続放棄はできない 相続は被相続人の死亡とともに開始されます。  ですから、仮に相続人...(→詳細)

■■遺留分の権利者 遺留分というのは、被相続人が相続財産のうちから相続人に対して必ず残しておくべき一定...(→詳細)

■■遺言による財産の処分 贈与という言葉はよく耳にしますが、遺言による贈与を「遺贈」といいます。まず、...(→詳細)

■■遺言は法律の方式通りでないと無効(3)■公正証書遺言の作成に必要な書類 ①遺言者と2人の証人の印鑑...(→詳細)

■■遺言は法律の方式通りでないと無効(2)■秘密証書遺言 遺言しても、生前中はその内容を秘密にしておき...(→詳細)

■■遺言は法律の方式通りでないと無効(1) 遺言は、法律で定められた方式に従っていなければ、その効力を...(→詳細)

■■遺言書で指定できる主な事柄(2) ・遺言執行者の指定、またはその指定を第三者に委託すること  遺言...(→詳細)

■■被相続人の意思を最優先できる いまだ日本では「遺言」という考えが浸透していませんが、被相続人が自分...(→詳細)

■■相続人の資格喪失 遺産相続の前の段階では、民法上の規定で「相続人になるはずの人」を「推定相続人」と...(→詳細)

■■孫は相続順位の第一位にはならない 民法ハハ七条は「被相続人の子は、相続人となる」としています。昭和...(→詳細)

■■相続人の優先順位 相続人になれるのは、法定相続人です。  ただし、遺産は後ほど述べる遺言によっても...(→詳細)

■■遺産相続とは 私たち人間が生きて生活している以上、必ず何らかの経済活動を営んでおり、そこには何がし...(→詳細)

■■配偶者の「遺族厚生年金」と自身の「老齢厚生年金」との併給調整 国の年金は「一人一年金」が原則で、支...(→詳細)

■■遺族厚生年金・遺族共済年金(2)■遺族厚生年金・遺族共済年金をもらう手続き  申請は「遺族厚生年金...(→詳細)

■■厚生年金・共済年金加入者の遺族基礎年金(2)■厚生年金・共済年金をもらう遺族基礎年金の手続き   ...(→詳細)

■■国民年金の死亡一時金(2)、厚生年金・共済年金加入者の遺族基礎年金(1)■国民年金の死亡一時金の支...(→詳細)

■■国民年金の遺族基礎年金(2)■支給がこの人数によって変わる 遺族基礎年金の支給金額は、妻が貰う場合...(→詳細)

■■国民年金による支給金 ここでは、国民年金の第一号被保険者、つまり自営業・農林漁業者や学生、およびそ...(→詳細)

■■生命保険給付の手続き(2)■生命保険の死亡保険金をもらう手続き 葬儀が終わって落ち着いたら保険会社...(→詳細)

■■高額療養費の手続き(2)■故人が原爆被災者だった場合の葬儀費 故人が健康保険や国民健康保険の加入者...(→詳細)

■■国民健康保険の葬儀費をもらう手続き(2)■国民健康保険の葬祭費をもらう手続き 申請は「葬祭費支給申...(→詳細)

■■預貯金・健康保険・生命保険の手続き(2)、国民健康保険の葬儀費をもらう手続き(1)■健康保険から埋...(→詳細)

■■国民年金保険料の支払いが困難になったら免除申請を 日本国内に居住する20歳以上60歳未満の人は全員...(→詳細)

■■母子家庭になったら「児童扶養手当」の認定手続きを 日本国内に居住し、父親の養育を受けられない十八歳...(→詳細)

■■医療費控除の手続き■医療費の自己負担が年間10万円を超えた場合 医療費が所得から控除される場合とは...(→詳細)

■■故人の確定申告(準確定申告)の手続き■死亡後四ヵ月以内に手続き 通常の所得税の確定申告は、毎年一月...(→詳細)

■■亡くなった後の主な手続き(3)■健康保険の切り替えを 故人の健康保険は失効しますので、故人の被扶養...(→詳細)

■■亡くなった後の主な手続き(2)■保険証や年金証書、免許証などの返却手続き 名義変更のほかには、返却...(→詳細)

■■亡くなった後の主な手続き(1)■手続きに必要な書類 これには、大きく分けて①死後すぐに手続きが必要...(→詳細)

■■墓地(3)■葬送の自由(散骨をめぐる諸問題) <散骨も市民権を得た>    散骨とは、遺骨や灰を川...(→詳細)

■■墓地(2)■分骨する場合 本来、納骨するお墓のほかに、別の墓地にも納めたいときには分骨します。  ...(→詳細)

■■納骨(3)■仮納骨と永代供養(2) 最近では、さまざまな事情から永代供養を望むケースが増えています...(→詳細)

■■納骨(2) 納骨には遺骨のほか、「埋葬許可証」、「火葬許可証」に火葬済みの証印があるものが必要です...(→詳細)

■■法要の費用とお布施(2) 料理の費用は一般的には一人5,000円前後、引き物は2,000~5,00...(→詳細)

■■神式の法要 神式での忌明け/霊祭(2)■百日祭、式年祭と続く 死亡日から百日目に「百日祭」、一年後...(→詳細)

■■百か日法要、月忌法要と年忌法要■一般的には身内だけで行う 四十九日の法要の後、次に行うが百か日法要...(→詳細)

■■新盆とお彼岸(2)   精霊棚には通常の供物のほかに、生前故人が好きだった食べ物などを供え、その前...(→詳細)

■■法要でのあいさつ(2)■四十九日施主あいさつ例 「本日はお忙しいなか、故○○の四十九日法要にこ参列...(→詳細)

■■四十九日の法要(2)、法要でのあいさつ(1)■「忌」が明ける重要な日(2)   墓に赴いたら、参列...(→詳細)

■■四十九日の法要(1)■「忌」が明ける重要な日(1) 仏教ではこの四十九日目は、故人にとっては最後の...(→詳細)

■■忌と服■忌と服を合わせた期間が「喪中」 仏教では人が亡くなった日から四十九日までを「忌中」とし、そ...(→詳細)

■■形見分け■忌明け後の形見分けと片付けの仕方 四十九日を過ぎたら遺品の整理をし、形見分けと一応の片付...(→詳細)

■■香典返し■香典返しの仕方・仏式の場合 一般的には葬儀の当日(即日返し、その場返しともいいます)、ま...(→詳細)

■■お礼とあいさつ ■寺院や神社、教会などへのお礼の仕方 最近は通夜や葬儀、告別式のあとにお礼を渡すこ...(→詳細)

■■葬儀事務の引き継ぎと支払い(2)■葬儀費用の支払い(2)<葬儀の総費用の内訳>総額平均      ...(→詳細)

■■葬儀事務の引き継ぎと支払い(1)■葬儀事務の引き継ぎ 香典や支払い費用などの明細、領収書など葬儀中...(→詳細)

■喪主のあいさつの例  精進落としに先立ちまして一言、お礼を述べさせていただきます。  故〇〇の葬儀に...(→詳細)

■火葬場から帰ってきたら‐お清めの仕方 お清めとは、火葬場から戻ってきた人が死のけがれを家の中に持ち込...(→詳細)

■■お金の運用はどう考える?(2)■分散投資のススメ 一定額を運用する場合は、分散して投資することをお...(→詳細)

■■自分の保険はどうするか(2)■医療保険の加入は考えたい しっかり考えたいのは、医療保険です。まず、...(→詳細)

■■最大の不安が老後の生活(2)■民間生保の年金保険に入る手も 予想される生活費から、公的年金による収...(→詳細)

■■最大の不安が老後の生活(1) 夫に先立たれ、あなた一人の老後を考えると不安は募ることと思います。老...(→詳細)

■■夫亡きあとの家はどうする?(2)■団体信用生命保険に入っていなかった場合の住宅口ーン 団体信用生命...(→詳細)

■■子供の教育はどうする?(1)■日本学生支援機構 学校教育法による高等学校、短期大学、大学院、高等専...(→詳細)

■■子供の教育はどうする?(1)■学費の目安を知っておこう 一家の大黒柱を失い葬儀も落ち着いたあと、子...(→詳細)

■■働くことも考えよう■働く目的を定める いまや日本女性の平均寿命は85歳を超えています。夫亡きあとも...(→詳細)

■■母子、寡婦が利用できる制度は?(2)■マル優・マル特制度 マル優制度とは「少額貯蓄非課税制度」、マ...(→詳細)

死亡保険金のもらい方、運用のしかた(2)■保険金の課税関係と運用 死亡保険金も税金の対象となります。被...(→詳細)

■■労働災害や自動車事故で亡くなった場合(2)■自動車損害賠償責任保険の請求手続き すべての自動車は、...(→詳細)

■■再婚したら、年金はどうなる? 再婚したら、年金はどうなるのでしょうか。再婚した場合は、それまで受給...(→詳細)

■■妻自身の年金はどうなっている? 自分自身の年金についてもう一度確認しておきましょう。年金は、会社員...(→詳細)

■■遺族年金はどうなる?(2)■「中高齢寡婦加算」がもらえるケース 遺族厚生年金の受給権者が次の条件に...(→詳細)

■■遺族年金はどうなる?(1)■遺族がもらえる年金とは 公的年金の加入者が亡くなった場合、一定の条件を...(→詳細)

■■遺族年金が出るまでの期間をどう乗り切る?■夫の預貯金はおろせなくなる 遺族年金の要件を満たす方には...(→詳細)

■■その後の生活設計を考えよう 夫を亡くされたあとはつらいでしょうが、徐々にこれからの生活を考えていく...(→詳細)

■■相続税の延納と物納(2)■物納 相続税を納めることが、延納でも厳しい場合は、一定の条件のもとに相続...(→詳細)

■■相続税の計算はこうする(4)■相続税額の加算と控除(4) 各相続人等に個別事情がある場合は、個々の...(→詳細)

■■相続税の計算はこうする(3)■債務・葬式費用(債務控除) 相続財産のうち、借金などのマイナスの財産...(→詳細)

■■相続税の計算はこうする(2)■相続財産の評価(相続税を計算するうえでの評価)(1)  僧式後、下記...(→詳細)

■■相続税の計算はこうする(1) 相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかります。民法で...(→詳細)

■■遺産分割協議のしかたと注意点(2)■遺産分割協議がまとまらないときは… 葬儀前後に虚偽を進めてもま...(→詳細)

■■遺産分割協議のしかたと注意点(1) 遺産分割は、遺言書で相続財産が指定されている場合はそれに従いま...(→詳細)

■■相続を放棄したり限定承認することもできる 人が亡くなることで発生する相続ですが、相続人自身の意思で...(→詳細)

■■寄与分と特別受益があるときは…■寄与分とは? 相続人の中に、被相続人の財産形成などに貢献した人とそ...(→詳細)

■■相続人になれる人と法定相続分(4) ■相続の対象となる財産・ならない財産  ●プラス財産(積極的財...(→詳細)

■■相続人になれる人と法定相続分(3)■相続の欠格と廃除とは? 相続欠格者として相続権が剥奪されるのは...(→詳細)

■■相続人になれる人と法定相続分(2) ・子供がいなくて、配偶者と親が健在であるケース    配偶者 ...(→詳細)

■■知っておこう、遺言の方式(3)■検認とは? 封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人(またはその代理...(→詳細)

■■知っておこう、遺言の方式(2)<公正証書遺言> 前回掲載した公正証書遺言の手数料は下記になります。...(→詳細)

 夫が葬儀・死亡前に残した遺言を正しく知るためにも、遺言の方式について簡単に押さえておきましょう。遺言...(→詳細)

■遺言書があったときの相続手続きの流れ1.死亡2.死亡届の提出、葬儀  (死亡を知った日から7日以内。...(→詳細)

■■遺言の確認と遺産相続の進め方<相続関係のスケジュール> 1.死亡・葬儀  2.死亡届の提出   ・...(→詳細)

■保険の契約内容による課税のちがい(2) 贈与税の課税対象になる契約内容の代表例は、次のような名義の場...(→詳細)

■保険金をもらうには?(2) 保険金などを請求する権利には時効がありますので、手続きはなるべく速やかに...(→詳細)

■加入していた保険をチェック! ほとんどの人は何らかの保険に加入しているはずですから、葬儀のあと落ち着...(→詳細)

■労災保険の対象となる死亡とは? 労災保険(労働者災害補償保険)に加入している会社に勤務している夫が業...(→詳細)

■準確定申告とは? 所得税は生きている人だけが負担するものではなく、亡くなった人も亡くなった日までに得...(→詳細)

■■医療費がかさんだら高額療養費の請求手続きを行なう(2)■高額療養費の計算のしかた ここまで述べてき...(→詳細)

■■遺族年金などの給付を受けるための手続きはこうする(葬儀の後に行うこと)(3)■請求手続きのしかた ...(→詳細)

■■遺族年金などの給付を受けるための手続きはこうする(葬儀の後に行うこと)(3)■請求手続きのしかた ...(→詳細)

■■遺族年金などの給付を受けるための手続きはこうする(葬儀の後に行うこと)(2)■遺族給付のしくみ(2...(→詳細)

■■健康保険から埋葬料・葬祭費がもらえる■埋葬料  埋葬料は、亡くなった人の生前の給料(標準報酬月額)...(→詳細)

■■返却・退会・解約手続きは速やかに 夫が死亡したら、葬儀が終了した後でもかまいませんが、夫が加入・利...(→詳細)

 葬儀が終わった後、夫の名義だったものは、妻を代表とする遺族の名義に変更あるいは書き換える必要がありま...(→詳細)

■■スケジュールを立ててから具体的な作業に着手する■事務手続きの進め方 夫の葬儀・告別式を滞りなくすま...(→詳細)

■■お墓はこの手順で建てる■開眼供養のしかた お墓が完成したら、開眼供養を行ないます。寺院墓地の場合は...(→詳細)

■仏壇を購入したらすること 仏壇を購入したら、ご本尊をお迎えする前に「入仏式(開眼法要・開眼供養ともい...(→詳細)

■■お盆・お彼岸の供養も忘れずに(2)■お彼岸にはお墓参りを欠かさずに お彼岸は、春分の日にと秋分の日...(→詳細)

■■納骨はいつ行なえばいい? 納骨とは、文字どおり、故人の遺骨をお墓に納めることですが、その時期はとく...(→詳細)

■年忌法要(2) 比較的盛大に行なう法要は四十九日と一周忌、三回忌ですが、それでも参会してもらうのはご...(→詳細)

 通夜、葬儀・告別式が終わったあとも、故人を供養するための法要という儀式が続きます。仏式における法要は...(→詳細)

■50万~200万円は準備する 葬儀はお金が出るばかりではありません。入ってくるお金もあります。その代...(→詳細)

 一連の葬儀にかかる費用で、祭壇や枢などのセット料金(またはコース料金)と、花輪や献花などのオプション...(→詳細)

■葬儀に関連する三つの費用 夫が死亡してから精進落としが終わるまで、いったい、どれらいのお金がかかるの...(→詳細)

■香典返し 香典返しは、即日返し(その場返しともいう)といって、通夜や葬儀・告別式の当日に、式場の出口...(→詳細)

■■葬儀が終わったあともさまざまな後始末がある(2) 通夜から精進落としまでの一連の儀式が終わっても、...(→詳細)

■■宗教にこだわらない形式で葬儀を行ってもいい(2)■プラスα型 宗教・宗派に則った従来の儀式の進行に...(→詳細)

■■すぐに火葬しなければいけないときは密葬を行なう 密葬とは、故人のごく身近な親族だけで遺体を茶毘に付...(→詳細)

■■葬儀・告別式進め方を押さえておこう(3)■火葬と骨上げ  火葬場に到着すると、係員の手で枢がかまど...(→詳細)

 1.葬儀  喪主・遺族などが参列。僧侶が読経を行ない、故人の冥福を祈る。   2.告別式  引き続い...(→詳細)

■■通夜における注意点と流れを知っておこう(2)■通夜の手順、葬儀・告別式進め方を押さえておこう 通夜...(→詳細)

■■僧侶などへの依頼はこうする(2)■神式の場合は? 本来は故人の産土神に連絡を取るものですが、実際に...(→詳細)

■僧侶との打ち合わせ 仏式で通夜、葬儀・告別式を営む場合は、菩提寺に連絡を取り、僧侶の都合や日程、お布...(→詳細)

 通夜、葬儀・告別式を滞りなく行う為には、確認あるいは決めることがたくさんあります。その項目は次のよう...(→詳細)

 葬儀社では、標準的な葬儀セットを用意していて、その葬儀セット一式でいくらという料金設定をしているとこ...(→詳細)

 通夜、葬儀・告別式は、現代においてはこれなくしては執り行えないといえるくらい、葬儀社は必要不可欠な存...(→詳細)

 亡くなった夫が、臓器提供希望者であったり、献体登録をしている場合もあるでしょう。  脳死は心臓死にな...(→詳細)

 最近は、故人の死亡から葬儀までの時間が短くなっているので、死亡を書面で知らせる「死亡通知状」を出すこ...(→詳細)

 人が死亡したとき、家族・親戚などは死亡の事実を知ったときから7日以内に、「死亡届」を死亡地の市区町村...(→詳細)

 病院で亡くなった場合、病院が提携している葬儀社が遺体の搬送などを行ってくれます。葬儀についてもそのま...(→詳細)

 病院で亡くなられた場合、遺体は一度、霊安室に運ばれます。その後、通夜が行われる自宅または葬儀社の斎場...(→詳細)

 心臓が止まり呼吸が停止すると、医師は「臨終」を申告します。 夫を亡くした悲しみにくれる間もなく、亡く...(→詳細)

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved