115.相続人の資格喪失、相続人が行方不明のときは (2017-03-29)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

115.相続人の資格喪失、相続人が行方不明のときは (2017-03-29)

■■相続人の資格喪失

 遺産相続の前の段階では、民法上の規定で「相続人になるはずの人」を「推定相続人」といいます。この推定相続人は、ある条件があれば相続人の資格を失ってしまいます。「相続人の資格喪失」です。葬儀の後に、「推定相続人」を確認しましょう。
 
 この資格喪失には①「相続欠格」と②「相続排除」という2つのケースがあります。
 
 まず、①「相続欠格」のケースですが、これは推定相続人が以下のような行為をした場合です(民法八九一条)。
 
 ・被相続人を殺害、もしくは殺そうとした場合。あるいはまた、自分より優先順位の高い相続人や同順位にい
  る相続人を殺したり、殺そうとした場合で、そのために刑に処された者
  
 ・被相続人が誰かに殺されたことを知っていながら、犯人を告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別
  がない場合や、犯人が配偶者もしくは直系血族であった場合は該当しない
  
 ・被相続人に対してだましたり脅かしたりして、被相続人が遺言したり、すでにある遺言を取り消したり変更
  しようとすることを妨害した者
  
 ・同様にだましたり脅かしたりして、被相続人の意に反する遺言をさせたり、すでにある遺言の取り消しや変  更を強要した者
 
 ・被相続人の遺言書を故意に偽造、変造、破棄、隠匿した者
 
 また、②「相続廃除」のケースは、以下のような場合です。
 
 遺留分を有する推定相続人が被相続人を虐待したり、重大な侮辱を加えるなど、推定相続人に著しい非行があった場合。この場合は、被相続人が生存中に家庭裁判所に「相続廃除」の申請を行います。また、その手続きをしないで、遺言で推定相続人を廃除することもできます(民法八九三条)。
 
■■相続人が行方不明のときは

 最近のように景気が悪い時代は特にそうですが、突然人が蒸発し、長い間行方が分からなくなることがあります。相続人が生死不明の状態では、遺産相続を開始させるわけにもいきません。そこで、民法では一定の手続きを行うことで「失そう人をある時期に死亡したものとみなす」制度を用意しています。これが「失そう宣告」です。
 
 一定の期間(普通の場合7年間)が経過した後、家庭裁判所では配偶者、その他の相続人などの利害関係者からの請求を受けて、公告を出し、失そう宣告を行います(民法三〇条)。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved