130.印鑑が適切に押されていないことが多い (2017-04-15)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

130.印鑑が適切に押されていないことが多い (2017-04-15)

■■印鑑が適切に押されていないことが多い

 意外に多い書き直しの例として、印鑑が適切に押されていないケースがあります。相続財産が多い場合は、協議書が数頁にも及ぶことがありますが、この用紙と用紙の綴じ目に一連のものであることを証明する契印(割印)が押されなければなりません。これには相続人全員の契印が必要なのですが、この押し忘れが多いようです。何枚にも及ぶような協議書の場合は、袋とじにした方がミスを防げます。

■■相続財産
 
 遺産相続では、相続人は相続開始時(被相続人の死亡)から、被相続人の財産に属する一切の権利・義務を引き継ぐことになります(民法八九六条)。相続財産とは、原則として現金、預貯金、土地・建物などの不動産、家財道具・車・宝石類・(商売をしているなら)商品などの動産、借地権・借家権、株式など、「財産」と呼べるもののほぽすべてです。
 
■相続税のかかる財産

 ①本来の相続財産
 
  現金・預金 : 現金・郵便貯金・銀行預金等
  有価証券  : 株式・公社債・投資信託・割引債等
  不動産   : 土地・建物・借地権・借家権等
  動産    : 家具・自動車・貴金属・書画骨とう品等
  その他資産 : 貸付全・未収金・電話加入権・ゴルフ会員権・損害賠償請求権・その他
  事業用資産 : 商品・売掛金・機械設備等

 ②みなし相続財産

  死亡生命保険金 : 法定相続人1人当たり500万円控除後の金額
  死亡退職金   : 同上・ただし、一定限度の弔慰金は非課税
  その他     : 定期金・年金・遺言による信託財産・低額譲渡、債務免除益等

 ③相続時精算課税財産
  
  被相続人の生前に贈与した財産を取得した者で、平成15年に施行された「相続時精算課税制度」の適用を
  受けた者は、その財産を含めて相続財産とします。

 ④生前贈与財産
  
  被相続人が亡くなる3年前までに贈与した財産を取得した者が、死亡時に相続財産を取得した場合には、贈
  与財産を合算して相続財産とされます。葬儀後に確認しましょう。

  (注)相続や遺贈によって財産を取得した人が、被相続人から相続開始前3年以内に取得した財産は、贈与
     を受けた時の価額で評価されます。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved