145.司法書士に依頼する、公証人に依頼する (2017-05-02)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

145.司法書士に依頼する、公証人に依頼する (2017-05-02)

■■司法書士に依頼する

■どんなことを依頼するか

 司法書士は、法律に関する書類作成のエキスパートです。仕事の内容は依頼人代理としての登記とか供託についての手続きを行ったり、裁判所や法務局、地方法務局などの公的な機関に提出する書類の作成を請け負います。
 
 相続開始時には多くの場合、不動産の相続があるので、その名義変更などは司法書士に依頼して、誤りのないようにすべきでしょう。
 
■どんなときに依頼するか

 相続が開始され、遺産分割の協議が終了。この段階では協議書の作成が一仕事です。誤字脱字や記載もれの事項がないように正確に記載する必要があるからです。
 
 また、会社関係の登記や登記簿謄本や印鑑証明書作成時の書類の作成、売買契約や賃貸借契約書の作成などもやってくれます。
 
■依頼費用はどのくらいか

 司法書士の報酬は、以前あった報酬基準表が廃止されており、それぞれの事務所が独自に価格設定していますので、事前に相談してみてください。

■■公証人に依頼する

■どんなことを依頼するか

 公証人は、公正証書遺言の作成のところで述べたように、相続に関係したところでは遺言(公正証書遺言)の作成や秘密証書遺言の手続きを行います。
 
 身分的には法務局に所属する公務員に準ずる身分です。公証人となる資格としては、日本国民であること、成人であること、そして公証人になるための試験に合格し、6カ月以上の見習い期間を経ていることなどの条件を満たしている必要があります。そして、資格取得の後に、法務大臣によって任命されることになっています。
 
 公証人の仕事場は公証役場です。公証役場は東京では45カ所もあり、少ない地域でも数力所はあります。葬儀後に出向いて見ましょう。
 
■手数料はどのくらいか

 公証人は公務員に準ずる身分ですので、手数料は「公証人手数料令」によって決められていますなお、公証人は、これ以外の一切の報酬は受けられないこととされています。

■公証人の資格と特例

 公証人になるためには試験を受けて、六カ月以上の公証人見習として
の実地習得が必要です。しかし、簡易裁判所判事を除く裁判官、検察官、弁護士資格片はそれが免除されます。

■そのほか公証人に依頼できること

 ①私文書の証明

  公務員以外の人によって作られる文書を公証人の前で書かせて、本人作成のものであることを証明するこ
  とです。

 ②日付の証明
 
  請求書などの日付が重要な意味を持つ場合もあります。公証入の前で書かせてその日付を証明することです
  。
  
 ③会社の定款の認証
 
  会社を設立した場合には定款をつくりますが、その認証をすることです。
  
 ④翻訳の公証
 
  日本の会社が外国に会社を設立する場合、日本語で書いてあることが正しく翻訳されているかどうかを、署
  名(サイン)によって公証することです。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved