148.エンディングノートをつくる(1) (2017-05-03)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

148.エンディングノートをつくる(1) (2017-05-03)

■■エンディングノートをつくる(2)

■本人の意思を試す

 「遺言」は、遺言者の意思を法的な拘束力をもって執行させるのが目的です。そのため内容に制限があり、書式にも厳密な規定があります。せっかく遺言しても、法的拘束力をもたない事柄には強制力はなく、書式が正しくないと、無効になります。
 
 それなら、法的拘束力のない事柄については、エンディングノートに記載しておいてはどうでしょうか。
 
 法的な拘束力はなくても、本人の意思ですから、家族などには、強い精神的な強制力を伴うものになります。家族・親族問でもめごとになりやすい終末期の処置、葬儀のやり方、故人の遺品の処分なども、エンディングノートがあれば、まるくおさまることがあります。
 
 エンディングノートの置き場所は、ふだんから家族に伝えておきます。

■1冊のノートにまとめる

 自分は人生の終末期をどう過ごし、どこで死を迎え、死後をだれにどのような形で託したいか、細かく具体的に記載します。本人の意向がわかれば、家族はいさというときの対処で迷ったり、悩んだりする必要がなくなります。
 
 パソコンで作成しても手書きでもいいのですが、パソコン作成だと、次の点で確実性が劣ります。
 
 ①パソコンのどこに保存されているかわからないことがある。
 ②操作ミスで文書が消されてしまうことがある。
 ③他人に改訂される恐れがある。
 
 以上のような理由から、手書きがお勧めです。ただし、内容が多岐にわたるので、後々内容を変更する場合にも対応しやすいように、項目と項目の間は十分にあけて書くようにしましょう。
 
■記入しておく内容は

 記入しておきたい内容は、下の表のとおりです。
 
 とくに、どこでどのように死にたいか(自宅に戻って死にたいなど)や、葬儀やお墓への考え方などは、エンディングノートに書くだけでなく、折りに触れ、家族とよく話し合っておくことです。
 
 遺産相続については、法的拘束力のある遺言を残すようにします。
 
◆エンディングノートに記入する項目例◆
 
  1.任意後見人の名前
  2.加入している介護保険のこと
  3.尊厳死の意思の有無
  4.献体登録の意思の有無
  5.臓器提供の意思の有無
  6.死に場所の希望
  7.最後に会っておきたい人
  8.臨終に立ち会ってほしい人
  9.訃報を知らせてほしい人と不要な人
 10.葬儀に対する希望
 11.喪主はだれにするか
 12.通夜・葬儀の場所への希望
 13.葬儀の費用のこと
 14.会葬返礼品・香典返しへの希望
 15.お墓への希望
 16.形見分けリスト、など

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved