155.生前準備システム(3)、お墓を準備する(1) (2017-05-10)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

155.生前準備システム(3)、お墓を準備する(1) (2017-05-10)

■■生前準備システム(3)

■契約(予約)のポイント

 ①解約や変更が可能か/契約してから死ぬまでの間に、周囲の事情や本人の考え方が変わることも。解約や変更のできるところを選びます。
 
 ②支払いは契約実行後/先払いだと、業者が倒産した場合など契約が実行されないおそれがあります。
 
 ③葬儀費用のスライドは/物価が値上がりしても、契約どおりの価格でやってもらえるのか、その保証期間を確認しておきます。
 
 ④契約実施の保証/契約(予約)先が信頼できる機関であるかどうかを、見極めることが大切です。

■■お墓を準備する(1)

■多様化するお墓の選択

 いま日本人の7割は、お墓をもっているといわれます。ところが生前にお墓の準備をするのは、残りの3割の人だけでなく、すでにお墓のある人も「私らしいお墓で眠りたい」「家へのこだわしょうりから自由になりたい」あるいは「承継者がいないから」などの理由で、新たに自分にふさわしいお墓を求めるケースがあります。
 
 生前のお墓選びは、本人の希望が優先されるのはもちろんですが、実際にお墓参りするのは家族です。家族の意向も十分尊重して選びましょう。

■承継者や購入価格を考えると

 少子化時代の昨今、承継者がいない人、あるいは子どもがいても、お墓の承継を義務。つけたくないと考える人が増えて、承継者のいらない永代供養墓(合葬墓)が注目されています。寺院以外にも、公営・民営の霊園にもあります。
 
 「有期限制」のお墓もあります。30~50年の契約で、承継者がいなければ、その後は合葬されます。いずれも普通に墓地を購入する場合にくらべて、価格もかなり割安です。
 
 合葬式のお墓は、お参りする人が多く、墓が荒れ果てる心配がないのが大きなメリットといえるでしょう。

 合葬式のお墓には、次の3種があります。
 
 ①寺院墓地の永代供養墓/寺院が代わって永代に供養し管理するお墓で、全国に多数あります。
 
 ②会員制共同墓/生前の申し込みが原則で、会員どうしが生前交流で縁を深め、死後は生きている会員が供養
  してくれます。
 
 ③公営の合葬墓/生前申し込みができ、生前交流はありません。

■墓碑銘も生前に自由に選べる

 ここ数年、各地の大手の民間霊園を中心に個性的なお墓が数多くみられます。墓碑銘も各自の考え方によって決めるようになりました。

 ▼家墓/「○○家の墓」と家名を刻み、家族の一体感を表しています。いま日本でいちばん多くみられる形態です。
 
 ▼無家名墓/家名を用いず、「夢」「偲」「愛」など、自由な言葉を刻んだお墓。
 
 ▼両家墓/結婚した娘が承継者の場合、実家と婚家の家名を並べて刻み、両家で使用します。一人っ子どうし
  の結婚が多くなると、両家墓が増えます。

 ▼夫婦墓/夫婦の名を刻んだお墓。生きている人の名には朱を入れます。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved