170.不慮の死の場合(2)、遺体の安置と枕飾り (2017-05-27)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

170.不慮の死の場合(2)、遺体の安置と枕飾り (2017-05-27)

■■不慮の死の場合(2)

■遭難死した場合

 海、山での遭難死では、遺体が発見されないことがあります。この場合は3年経過して死亡が認定されないと死亡届は出せません。
 
■遠洋航海中の死亡

 船員や乗客が死亡した場合は、船員法では、船長が本人の写真を撮影し、遺髪、遺品を保管することを条件に、水葬にすることができます。
 
 ただし、船が公海にあること、死後24時間経過していること、衛生上船内に保存できないことが条件です。

■「検視」と「検死」

 医師が診断していない死体が発見されると警察に報告がいき、警察官が死体を調べます。これを「検視」といいます。これに医師が立ち会うことになっており、医師(一般的に警察医)が死体を調べることを「検死(検屍)」といいます。検死した医師が死亡の事実、原因を記したのが「死体検案書」です。

■死産の場合、出産直後死亡した場合

 妊娠4カ月以上経た胎児が出産前に死亡したときは、死産児となります。4カ月たつと、人間の形ができたということで死体と同じ取り扱いを受けます。ただし、出産直後に死亡したときは戸籍に届け出しなければなりませんが、死産児はその必要がありません(「死産証明書」は役所に提出する)。
 
 いずれの場合も葬儀を行うかどうかは遺族の意思によりますが、原則として火葬はしなければなりません。

■■遺体の安置と枕飾り(1)

■遺体を安置する

 自宅に戻った遺体は、納棺までの間、布団に寝かせます。体が温まらないように、布団は上下とも薄いものを1枚ずつとします。掛け布団は、本来すそにする側を顔のほうにもってくるという習俗もあります。
 
 さらしの布かガーゼなど、白い布を顔にかけ、胸の上や枕元に魔除けの意味をもつ守り刀を置くこともあります。
 
 冬は部屋の暖房を切り、夏は冷房を入れます。

 仏式では、一般的には北枕(頭を北向きにする=釈迦が亡くなったときの位置)にしますが、部屋の構造上無理なときは、西(極楽浄土の方向)に向けます。このように安置することを、「枕直し」といいます。手は胸の上で合掌させ、数珠をかけることもあります。

■仏式の供え物

 宗派やエ地により違いがあります。
 
 枕飯はこはんを山盛りにして、箸を立てます。枕だんこは、三方に日紙を敷き、だんこをのせます。
 
 死体から遊離した霊魂を食事の魅力で呼び寄せて蘇生させるという意味があり、死後すぐにつくるのがよいとされます。
 
 浄土真宗では、供物や守り刀を飾ることはしません。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved