183.葬儀の場所を決める(2)、■■葬儀の日程を決める(1) (2017-06-08)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

183.葬儀の場所を決める(2)、■■葬儀の日程を決める(1) (2017-06-08)

■■葬儀の場所を決める(2)

■葬祭業者経営の斎場が選ばれる理由

 ①住宅事情
 
 ②手伝いの人手がいらない
 
 ③きめ細かいサービス
 
 ④進行がスムーズ
 
 ⑤宿泊施設が完備
 
 ⑥近隣に迷惑をかけずにすむ
 
 ⑦近所に家の事情を詮索されずにすむ
 
 ⑧交通の便がよい

■注目されるホテル葬

 近年、ホテルも葬儀(お別れ会など)に使われるようになりました。交通の便がよく駐車場完備、料理もサービスも質が高く好評です。
 
 しかし、料金が古向めで、遺体の搬入はだめ、焼香はだめ、などの規制があるところが少なくありません。

■■葬儀の日程を決める(1)

■寺院や火葬場と相談する

 葬儀の日程は、宗教者の都合や、火葬場、斎場の空き具合や、遠方からの親戚の到着時刻などを考えて決定します。
 
 ただし、火葬は死因が指定感染症以外の場合は、死後24時間を経過してからでないと行えません。
 
 一般的には、死亡当日の夜は、身内だけで通夜を行い、翌日の夜に一般の弔問を受ける通夜、翌々日に葬儀・告別式と火葬を行う日程が、もっとも多くみられます。
 
 諸々の都合で、死亡当日通夜、翌日葬儀という日程もありますが、関係者への連絡、会葬者の都合、遺族間の意見の調整などを考慮しましょう。

■新しい形の日程

 いわゆる家族葬の場合は、死亡日とその翌日は身内で通夜をし、翌々日、身内で葬儀と火葬をします。そして場合によっては、しばらく日にちをおいてから、お別れ会を行います。
 
 また、死亡日と翌日は身内で通夜をし、翌々日の夜、葬儀・告別式をする組み方もあります。その翌日の午前中に身内だけで火葬をすれば、火葬場もすいていてスムーズです。

■火葬場が休みの日もある

 友引の日は、「友を死に引く」という迷信を気にして、葬儀を行う人が少なく、この日を休業日にしている火葬場が多くみられます。
 
 また、ほとんどの火葬場は、正月三が日は休業なので、年末年始の葬儀は、4日以降に行うことになります。もし、年末年始に葬儀をするのはためらわれる場合は、家族だけで密葬し、8日以降に葬儀・告別式を行うケースもみられます。

■骨葬の地域もある

 一般的には告別式の後に火葬しますが、関東より北の地域などでは、火葬を先にして、遺骨で葬儀を行う「骨葬」の地域もあります。そうすると、葬儀日程も変わってきます。
 
 骨葬の場合は、通夜をし、翌日の午前中に出棺して火葬に付し(密葬)、午後から葬儀・告別式(本葬)を行って、その後墓地に納骨します。通夜に先立って、火葬する地域もあります。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved