186.返礼品・会葬礼状の手配 (2017-06-11)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

186.返礼品・会葬礼状の手配 (2017-06-11)

■■返礼品・会葬礼状の手配

■返礼品を用意する

 仏教では、他者に布施をすることが、仏に徳を積み、これを死者へ振り向けるという意味があります。通夜や葬儀で食事や酒を振る舞うのも、すべての死者の滅罪を願っての布施のひとつで、死者の供養につながると考えられていました。このため、会葬者への返礼品は「供養品」ともいわれます。
 
 本来「通夜返礼品」は、通夜振る舞いに出られない人のみに、「葬儀の会葬御礼」とは違う品が渡されました。しかし通夜が告別式化し、通夜だけに訪れる人も増えたため、近年は通夜も葬儀・告別式も同じ返礼品を、会葬者全員に渡すことが多くなりました。

■手配は葬祭業者がしてくれる

 すべて葬祭業者が手配してくれます。1,000円程度の品物で、昔はお茶、砂糖、お酒が定番でしたが、最近は品物も多様化。ブランドのハンカチ、ボールペン、商品券、コンビニカードなどが人気があります。
 
 弔問者の予測がつきにくいときは、返品が可能な品物を選ぶとよいでしょう。多少多めに発注します。

■即日返しの香典返し

 即日返しとは、香典返しを、忌明を待たずに葬儀の当日に返してしまうもの。香典帳の整理をしなくてすみ、配送料金もかからず、送り忘れもなく便利ということで、年々増える傾向にあります。
 
 問題点は、全員に同じ品を渡すため、香典額に見合わないお返しになる場合があることです。
 
 香典額平均8,000円ということで、即日返しは、半返し、または三分返しの、2,000~4,000円の品が一般的です。3万円以上の高額な香典には、忌明に改めて、別の品を贈るということもあります。

■オリジナルは会葬礼状も

 会葬礼状は本来、葬儀・告別式の後に出すものでしたが、いまは通夜や葬儀の当日、供養品とともに受付または出口で手渡すのがほとんどです。
 
 定型は、グレーか黒の縁取りの私製はがきと角封筒のセット。封筒の表書きは「御会葬御礼」、下に家名を入れます。差出人は喪主の住所にします。
 
 最近は紙をカラーにしたり、横型にしたり、イラストを添えたり、文章も自由に作成したオリジナルな礼状も見受けられるようになりました。
 
■会葬礼状の例

 妻○○の告別式にあたりましては、ご多用中、炎暑のなかをご会葬くださり、ありがとうございました。
 
 また御厚志を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
 なお皆様には妻の闘病中、ご心配、ご配慮、お励ましくださいましたこと、あわせて深く感謝申し上げます。
 
 略儀ながら、書面をもちまして御礼のごあいさつとさせていただきます。

  平成○年○月○日 東京都杉並区荻窪○-○-○
                   喪主 ○○ ○○
                   外  親戚一同
  
■会葬礼状の句読点

 句読点をつけない会葬礼状が多くみられますが、これは、毛筆で書いた時代の名残です。活字印刷の場合は、読みやすく句読点をつけた礼状にして、いっこうにかまいません。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved