192.通夜・葬儀の打ち合わせ(3) (2017-06-17)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

192.通夜・葬儀の打ち合わせ(3) (2017-06-17)

■■通夜・葬儀の打ち合わせ(3)

■通夜の式次第

 ①遺族・関係者が着席/喪主と遺族は、通夜の始まる15分前には着席します。
 
 ②僧侶の入場・読経/一同が席に着いたのを確認して、僧侶が入場。読経が始まります。参列者は僧侶の読経
  を静かに聞き、故人へ思いを寄せます。
 
 ③焼香/読経が終わると焼香が始まります。読経が長いときや参列者の人数が多いときは、読経の途中で焼香
  が始まることもあり、いずれも僧侶の案内に従います。焼香の順は、基本的に席次順で、喪主→遺族→親戚
  →来賓→場内の参列者→一般弔問客と続きます。
 
  弔問客の焼香時には、喪主は立って礼をする必要はなく、座ったまま軽く目礼をします。
 
 ④法話を聞く/焼香が終わると、僧侶が法話や説教をする場合もあります。
 
 ⑤僧侶退場/焼香と法話が終わると、僧侶が退場します。
 
 ⑥喪主があいさつする/喪主があいさつする場合には、弔問のお礼と、生前故人がお世話になったお礼を述べ
  、弔問客を通夜振る舞いの席へ案内します。焼香を終えた人を接待係が順次、宴席へ案内する場合もありま
  す。
 
 ⑦通夜振る舞い/喪主は僧侶にお礼のあいさつに出向き、翌日の葬儀の時間などを確認したうえで、僧侶を通
  夜振る舞いの席に案内します。僧侶が出席しない場合は、「お膳料」と「お車代」を包みます。喪主はすべ
  ての弔問が終わった後で、通夜振る舞いの席に顔を出し、あいさつして、接客します。
 
 ⑧通夜振る舞いを終える/通夜振る舞いはあまり遅くならないうちに切り上げます。予定時刻になったら、喪
  主か接待係が閉会のあいさつをします。
 
 ⑨夜伽をする/会葬者が引き上げた後、遺族は晩中線香の火を絶やさないようにして、故人のそばに付き添い
  ます。
  
  通夜とは、「夜を通して」という意味で、かつては蘇生するかもしれないということで死後ずっと見守った
  ものです。遺体を囲んで、近親者が故人と十分にお別れする時間を1時間でももちましょう。
  
  翌日の葬儀を考えて、喪主は早めに休む配慮が必要です。夜伽をするなら、若い人たちが引き受けましょう
  。会場によっては、防火のために夜間の付き添いを禁じているところもあります。

■受付係を頼まれたり

 知らない人どうしの場合は、自己紹介をします。
 
 会葬帳、香典帳、香典受け、名刺受け、筆記用具がきちんとそろっているかどうかを確認します。
 
 香典を受けたら、すぐ後ろに控えている人が、弔問客に見えないように、香典の記入額と現金が合っているかどうかを確認します。複数人で組んで、確認と香典帳の記帳をするとよいでしょう。
 
 葬祭業者は現金にはいっさいタッチしません。喪主の信頼厚い人が香典を預かるようにします。
 
 香典を持参しない人にも、記帳はしてもらいます。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved