206.葬儀・告別式でのあいさつ(2) (2017-07-01)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

206.葬儀・告別式でのあいさつ(2) (2017-07-01)

■■葬儀・告別式でのあいさつ(2)

■出棺前の喪主のあいさつ例<故人の息子>

▼参列のお礼

 本日はお忙しいなか、母○○の葬儀にご参列賜りありがとうごぎいました。

▼故人の最期の様子

 母は、病院の先生方の温かいご配慮により、最後の1週間だけ自宅に戻ることができました。自宅では、自分の育てた庭の花を見ながら、心から安らいで過ごしておりました。
 
 そして静かに、永遠の眠りにつきました。母らしい最期だったと思っております。

▼感謝の言葉

 母の人生を支えてくださいました皆様に、こうして最後のお見送りまでいただき、感謝申し上げます。
 
▼支援のお願いとお礼
 
 残された私どもに対しましても、今後とも変わりないご指導とご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。

 本日はまことにありがとうございました。

 ※告別式ではとくにあいさつせず、出棺前にお見送りの人を含めて、全員の前であいさつするのが一般的です
  。
  
  最後に、これからの決意や今後の支援をお願いする言葉を述べるのもよいでしょう。

■週間前の喪主のあいさつ例<故人の息子>

▼参列のお礼

 本日は、お寒い折にもかかわらず、ご会葬いただき、厚く御礼申し上げます。
 
 このように大勢の方々にお見送りいただき、さぞかし故人も喜んでいることと存じます。

▼故人の思い出

 父は、私ども子どもが何を言っても笑ってうなずいているような人でしたが、他人の悪口を言おうものなら大声で怒ったものです。いまもそのときの怒った様子が目に浮かびます。

▼支援のお願いとお礼

 私どもは、未熟ではありますが、故人の教えを守り、精進していく所存です。皆様方には、今後とも故人と同様ご指導いただけますことをお願い申し上げます。
 
 本日はありがとうございました。

■出棺前の親族代表のあいさつ例<故人の弟>

▼参列のお礼

 本日は○○○○の葬儀・告別式に多数ご列席を賜り、最後のお見送りまでいただきまして、まことにありがとうございます。
 
 ※喪主が若年であったり、ショックが強く、とてもあいさっできない状況のときは、親族代表が代わってあい
  さつすることがあります。
  
■始めのあいさつ例<故人の息子>

▼お手伝いへのお礼

 皆様、本日はありがとうございました。おかげさまで父○○○○の葬儀・子くべt式を、滞りなく済ませることができました。
 
 ひとえに皆様方のお力添えの賜物と、心から御礼申し上げます。

▼ねぎらいと感謝の言葉

 ささやかではございますが、感謝のしるしといたしまして、お食事をご用意いたしました。

■終わりのあいさつ例<故人の妻>

▼参列のお礼

 本日はお忙しい中を、お時間をちょうだいし、まことにありがとうございました。
 
▼感謝の言葉

 皆様からのお慰めのお言葉、お励ましのお言葉に、家族一同力づけられる思いがいたしました。
 
▼不行き届きをわびる

 皆様、さぞお疲れのことと存じます。
 
 十分なおもてなしもできず、申し訳ございません。
 
▼閉会を告げる

 このへんでお開きとさせて頂きたいと存じます。
 
 本日はどうもありがとうございます。
 
 ※閉会のあいさつは省略することもできます。その場合、簡潔にお礼を述べて、お開きにすることを伝えます。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved