207.「お別れ会」を開く (2017-07-02)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

207.「お別れ会」を開く (2017-07-02)

■■「お別れ会」を開く

■告別式を独立させたお別れ会

 いわゆる「お別れ(の)会方式」と呼ばれるものは、死亡直後に近親者だけで「家族葬」を行い、しばらく日をおいた後に、故人の知人・友人に集まってもらって、お別れの会を行うものです。
 
 家族葬では、故人や家族の宗旨による宗教儀礼を行い、お別れ会は無宗教で、という形態が多くみられます。
 
 葬儀はこの世からあの世に引き渡す儀式。告別式は会葬者が故人に別れを告げる儀式で、本来2つは意昧の違う儀式でした。
 
 いまは葬儀・告別式として同時に営まれますが、家族葬+お別れ会という形態は、告別式を独立させ、伝統の形に戻した形態といえるかもしれません。
 
 友人が主催するものもありますが、ここでは家族が主催する場合についてお話しします。
 
■会場を選ぶときは

 形式も内容も自由なので、会場も規模に応じて、ホテル、レストラン、地域の集会場、斎場(葬儀会館)、あるいは故人ゆかりの場所などから選ぶとよいでしょう。
 
 故人を偲びながら会食をする形が一般的ですが、なかには自宅でお茶とケーキというシンプル型もあり、故人への相一いのこもった温かい会なら、どんな形式でもよいと思います。
 
 案内する際には一般に、「平服でお越しください」と書きます。

■お別れ会の内容・形式

 すべて自由です。人数が多い場合は、どなたか司会の人をお願いし、進行についても打ち合わせをしておいたほうがよいでしょう。少人数なら、遺族や親戚の進行で対応できると思います。
 
 故人に黙祷したり、献花をし、お別れの言葉(弔辞)もいただいて、儀式をきちんとする形でも、会食をしながら、友人・知人が在りし日のエピソードをスピーチする形でも、好きな方法を選べます。
 
 趣昧の仲間が、楽器を演奏したり、コーラスで追悼するのもよいでしょう。
 
 故人のメモリアル写真や、愛用品、趣昧の品々を展示することで、話がはずむこともあります。

■お別れ会の案内状例

 父○○逝去の際には、故人の遺志ではありましたが、勝手ながら近親者のみで葬儀を営ませていただきました。
 
 つきましては、親しくおつきあいいただきました皆様をお招きして、追悼の会を催したいと思います。
 
 会場は、生前父が皆様との歓談でよく通っておりました、レストラン○○○を、オーナーのこ好意でお借りすることができました。
 
 お忙しいところを恐縮ですが、こ出席いただければ幸いでこざいます。その折りに、父の思い出話をお聞かせいただけたらと願っております。

■案内状の注意点

 「お別れ会」は私事なので、「万障お繰り合わせのうえ」といった表現を用いないこと。
 
 また、料理の用意の都合上、出欠の返事をもらうようにしましょう。
 
■費用の目安

 規模や内容によって違いますが、生花代、場所代、人件費などの基本料が20万円~40万円、料理が1人5,000円~1万円×人数分というところです。
 
 会費制でない場合は、参加者は香典を持参しますから、差し引いた金額が出費となります。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved