209.寺院・神社・教会へのお礼(2)、お世話になった人へのお礼 (2017-07-04)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

209.寺院・神社・教会へのお礼(2)、お世話になった人へのお礼 (2017-07-04)

■■寺院・神社・教会へのお礼(2)

■神式のお礼は「御祭祀料」

 神式では、斎主(式を司る神職)、斎員(その他の神職)、伶人(奏楽を行う楽師)のそれぞれに、別々にお礼を包みます。

表書きは「御祭祀料」か「御礼」とします。

■経系へのお礼は「献金」

 教会へのお礼は、表書きを「献金」とします。
 
 それとは別に、司祭(牧師)や、聖歌(讃美歌)の伴奏をするオルガニストにお礼を包みますが、この表書きは「御礼」にします。
 
■金額の目安は葬祭業者に聞く

 いまは宗教者側で、金額をしっかり提示する場合もありますが、本来お礼は感謝の気持ちを表すものですから、金額の決まりはありません。
 
 見当がつかないときは、葬祭業者に相談すると、地域の慣習となっているだんか金額を教えてくれます。檀家総代のような立場の人に聞いても、その寺や神社や教会の相場がわかってよいかもしれません。

 寺院・神社・教会への謝礼は、相続財産から控除されるので、必ず領収書をもらうようにします。金額を入れた領収書を喪家側で持参し、サインをもらいます。なお、直接渡せなかった人の分は、「預かり金」として仮領収書を、手渡した人からもらいましょう。

■■お世話になった人へのお礼

■遅くとも初七日までに

 お礼のあいさつにまわる範囲は、葬儀でお世話になった人、故人の恩人、会社関係、ご近所・町内会などです。初七日までにまわりますが、悲嘆が強い場合には無理をせず、電話や手紙でのお礼に代えてもかまいません。

 ご近所のお世話になった人たちへのあいさつは、葬儀が無事に終わったお礼と、人や車の出入りが多く、迷惑をかけたおわびをします。菓子折などを持参すると、気持ちも伝わりやすいでしょう。
 
 町内会は昔は助け合いでしたが、昨今は、お手伝いは日当いくらと決めている地域もあります。町会長などによく聞いて、地域に合った対応をしましょう。

■故人の勤務先へのあいさつ

 故人の上司や、葬儀の際に世話役を引き受けてくれた人たちには、遺族が出向いてあいさつをします。
 
 勤務先への訪問は、私物の整理や各種の手続きをすませるという目的もあります。
 
 必ず事前に連絡して、直属の上司を訪ねます。また手続きに必要なものを総務課に聞き合わせ、先方の忙しい時間帯をはずして伺います。
 
 ロッカーや机を整理して掃除をします。鍵、社員証、バッジ、健康保険証などは、会社に返却しましょう。
 
■勤務先での手続き

 ①「死亡退職届」「扶養控除変更届」を提出します。
 
 ②会社を通して、必要な事務手続きを依頼します。遺族厚生年金の請求、健康保険の埋葬料請求、労災保険(該当する場合)の申請、などを行います。
 
■お悔やみへのお礼状

 葬儀に出席できず、供物やお花、香典を贈ってくださった人に四十九日までを目安としてお礼状を出します。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved