44.知っておこう、遺言の方式(2) (2017-01-15)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

44.知っておこう、遺言の方式(2) (2017-01-15)

■■知っておこう、遺言の方式(2)

<公正証書遺言>
 前回掲載した公正証書遺言の手数料は下記になります。
 
 ■公証人の手数料

 -----------------------------
 財産科価額(時価)          |基本手数料
 -----------------------------
   100万円            | 5,000円
   100万円超~  200万円まで | 7,000円
   200万円超~  500万円まで |11,000円
   500万円超~1,000万円まで |17,000円
 1,000万円超~3,000万円まで |23,000円
 3,000万円超~5,000万円まで |29,000円
 5,000万円超~    1億円まで |11,000円
 -----------------------------
 ※1億円を超えると、5,000円まで毎に下記の金額を加える。
 -----------------------------
              3億円まで |13,000円ずつ
             10億円まで |11,000円ずつ
             10億円超  | 8,000円ずつ
 -----------------------------
 ※基本手数料は、相続人・受遺者ことに算定し合算
 ※財産価額の合計額が1億円以下の場合は基本手数料の合算額に11,0000円が加算される
 ※ほかに、正本・謄本代が必要
 (出張の場合は別途費用がかかる)

<秘密証書遺言>

 遺言の存在自体は明らかにしながら、内容は秘密にして遺言書を作成する方法です。遺言者は自分で遺言書を書き、署名・押印します。さらに、遺言書に押した印鑑で封印します。葬儀代に関しても記載できます。それを証人2人以上の立会いのもとで公証人に提出して、自己の遺言書である旨および住所・氏名を申述します。公証人が日付及び申述を封筒に記載し、公証人・遺言者・証人が署名・押印することで作成します。
 
 遺言書を封印してから公証人へ提出するので、内容に関しての秘密は守られる反面、自筆証書遺言と同様、一定の書式を満たしていないと無効となることもあります。
 
 また、遺言書は1通のみで、本人が持ち帰ります。公証役場には秘密証書遺言を作成した事実が記録されるだけで、内容については一切記録されません。秘密証書遺言も、執行のためには裁判所の検認が必要です。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved