60.遺族年金はどうなる?(1) (2017-01-31)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

60.遺族年金はどうなる?(1) (2017-01-31)

■■遺族年金はどうなる?(1)

■遺族がもらえる年金とは

 公的年金の加入者が亡くなった場合、一定の条件を満たせば遺族は遺族年金を受け取ることができます。葬儀後に落ち着いたら手続きをしましょう。遺族年金には、国民年金から支給される「遺族基礎年金」と厚生年金から支給される「遺族厚生年金」があり、夫がどの保険の被保険者であったか、また遺族の状況などによって受け取れる年金が違います。
 
 夫が自営業などで国民年金の被保険者だった場合は「遺族基礎年金」になりますが、この年金は一定年齢以下の子供がいないと受け取れません。また、夫が会社員などで厚生年金の被保険者だった場合は、「遺族厚生年金」が支給されます。子供がいれば、「遺族基礎年金」も同時に受け取れます。さらに、要件を満たせば、「中高齢寡婦加算」がつきます。夫が公務員の場合は、遺族厚生年金よりやや厚めの「遺族共済年金」があります。

■「遺族基礎年金」が受け取れる条件

 <死亡した人について>
  
  国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格を満たしていること。保険料納付済期問(保険料免除期問を含む)が加入期間の3分の2以上あること
  
 <受け取れる人>
 
  ・死亡した人によって生計を維持されていた子供のある妻、および子供
  この場合、子供は18歳に達した年度未(3月31日)を経過していないこと(子供が障害等級1級または2級の障害者の場合は20歳未満)
  
  ・年収850万円未満の人に限られる
  
  <受給額>
  
   基本年金額(老齢年金の満額と同じ)+子の加算
   子の加算額は、1人目・2人目は1人につき22万7,900円、3人目以降は1人につき7万5,900円(平成9年度価格)。
 
■「遺族厚生年金」が受け取れる条件

 <死亡した人について>
 
 ・厚生年金の被保険者、または被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡した場合。保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が国民年金加入期間の3分の2以上あること
 
 ・老齢厚生年金の受給権者が死亡したとき
 ・1級・2級の障害厚生年金を受けている人が死亡したとき
 
 <受け取れる人(※)>
 
 ・遺族基礎年金の支給の対象となる遺族。遺族の範囲は、①配偶者と子、②父母、③孫、④祖父母。ただし、亡くなった夫によって生計が維持されていて、年収850万円未満の人に限られる
 
 ※子のいない30歳未満の妻が遺族になった場合は、遺族年金が受け取れるのは5年のみになりました。

 <受給額>
  
  厚生年金の加入期間と標準報酬月額で決まる。加入期間255年未満なら25年加入として計算

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved