71.最大の不安が老後の生活(1) (2017-02-11)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

71.最大の不安が老後の生活(1) (2017-02-11)

■■最大の不安が老後の生活(1)

 夫に先立たれ、あなた一人の老後を考えると不安は募ることと思います。老後を安心して迎えるには、老後のマネープランを考えておくことも必要です。葬儀が終わり落ちついた後に算出しましょう。
 
 では、老後の生活費や収入について考えてみましょう。

■老後に予想される生活費

 老後の生活費はどれくらい必要なのでしょうか。生命保険文化センターの「サラリーマンの老後のライフスタイルと生活設計に関する調査」(平成16年3月)によると、予想される老後の生活費は平均で月額23万6,000円です。これは、夫婦2人の場合ですので、人の場合、その7割を目安として、16万5,200円と見積もってみます。
 
 日本女性の65歳時の平均余命(22・96歳「平成16年版高齢社会白書」)で考えると、「16万5,200円(月額の必要生活費)×12か月×23年(平均余命)=4,559万5、200円」が必要となる計算です。これは、あくまでも平均データに基づく目安で住居の形態やライフスタイルによって変わってきます。
 
■公的年金による収入の見積もり

 老後の主な収入は公的な年金でしょう。公的年金の支給額は、加入する年金や加入期間などによって変わってきます。
 
 ・国民年金のみ加入の人
  
  老齢基礎年金(平成19年度価格は満額で年額79万2,100円)
 
 ・遺族厚生年金を受給している人
 
  遺族厚生年金+老齢基礎年金+経過的寡婦加算(妻の生年月日によって支給)
 
 ・ご自身の老齢厚生年金の受給資格がある人
 
  自分の老齢厚生年金を全額受給した上で、夫の遺族厚生年金(遺族厚生年金より「遺族厚生年金
  ×2/3+自分の老齢厚生年金×1/2」のほうが大きい場合はその額)との差額が発生する場合
  のみ、その差額分を遺族厚生年金として受け取る
  
 自分が受給できる年金の年額に平均余命をかけたものが、老後の収入の目安になります。ご自身が受給できる年金額は、55歳以上の方で受給資格を満たしていれば、社会保険業務センターに申し込めば、年金見込試算額を郵送してもらえます。また、それ以外の方でも、自分の年金額を社会保険庁のホームページで簡易試算を行なうことができます。
 

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved