77.葬儀事務の引き継ぎと支払い(1) (2017-02-17)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

77.葬儀事務の引き継ぎと支払い(1) (2017-02-17)

■■葬儀事務の引き継ぎと支払い(1)

■葬儀事務の引き継ぎ

 香典や支払い費用などの明細、領収書など葬儀中は、さまざまな人々によつて金銭の授受や立て替えなどの事務作業が行われます。世話人や、諸係の人に任せた支払いや用件はなるべく早めに済ませましょう。できれば精進落としが終わった時点で引き継ぐのがベストです。
 
 まず、香典袋に記載してある金額と現金を照合し、合計金額を出納帳に記入します。そして、出納帳につけていない立て替え金などを精算し、最終的に出納帳の残額と現金の残額を照合します。
 
 葬儀費用は相続税の控除の対象になります。もちろん、この中には葬祭業者への支払いや寺院へのお布施も含まれます。見積書や明細書、請求書、領収書を間違いなく受け取り、それらをまとめて保管しておきましよう。
 
 ただし、初七日法要分は追悼儀礼にあたるので、葬儀費用とは別の扱いになります。
 
 <葬儀後に引き継ぐもの>
  ・香典
  ・香典帳
  ・供物、供花控帳
  ・芳名帳
  ・弔辞・弔電
  ・出納帳
  ・領収書
  ・現金
  
■葬儀費用の支払い(1)
 
 葬儀費用はおもに次のようになります。
 
 ・業者への支払い
 ・寺社などへの謝礼お布施(読経料・戒名料)、お車代、ご膳料など
 ・飲食代、通夜の接待、精進落とし、粗供養品など
 ・心づけ、霊枢車の運転手や火葬場の係員、世話係などに対するもの
 ・香典返し
 ・その他親族の宿泊費など
 
 葬儀費用は式場によって、また葬儀の風習が異なる地域性によってかなり差が出ます。概して寺院で葬儀をした場合は高くなりがちです。しかし、葬儀費用を香典収入の範囲内で収めることもそれなりの内容にすれば可能になります。その場合は、特別な場合を除き、総費用から香典収入を差し引いて五〇~一五〇万円の範囲にとどめるのが一般的です。
 
 葬儀社からの請求書は、葬儀の数日後に葬儀社があいさつを兼ねて持参することもありますが、通常は郵送されてきます。届いたら、先に受け取っている見積書と必ず照合します。慌しさに取り紛れ、ついそのまま支払ってしまいがちですが、しっかりと確認してから支払うようにしましょう。
 
 ちなみに、一般的な業者の葬儀の内訳はおおよそ次の通りとなっています。
 
 ①葬儀施行にあたって必要最低限の基本サービス
 
  祭壇、棺、納棺用品、枕飾り、白木位牌、強際後飾り、受付用品、受付設備、案内看板、線香、
  ローソク、人的サービス
  
 ②オプション
 
  テント、貸布団、ドライアイス、遺影写真、返礼品、会葬礼状、料理、飲み物、供物、供花、
  生花装飾、エンバーミング(※)、式場内設備、ガードマン、ビデオ撮影、ナレーション、マイクロ
  バス、計報広告、貸衣装など
  
  ※エンバーミング・・・欧米などでは一般的に行われている遺体への処置のこと。遺体の修復、防腐処置、殺菌消毒、お化粧などを行う技術を総称して工ンバーミングといいます。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved