83.四十九日の法要 (2017-02-23)|美花園コラム

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

83.四十九日の法要 (2017-02-23)

■■四十九日の法要(1)

■「忌」が明ける重要な日(1)

 仏教ではこの四十九日目は、故人にとっては最後の審判がくだる日となり、遺族にとってはこの日をもって霊が家から離れる「忌明け」の日となるので、特に重要な忌日とされています。
 
 ・法要の準備
 
   近年では、葬儀と同じ日に「初七日」の法要をすませることが多いので、「四十九日法要」は葬儀後の最
  初の大きな法要ということになります。まず、決めなければならないのは日取りです。
  
   平日に行う場合は四十九日当日でよいのですが、実際には、出席者の事情などを考慮して日曜日などの休
  日に行うのが一般的です。その際は、忌日より必ず前へずらした日にちを選ぶのが習わしです。忌日を過ぎ
  て行うのは仏さまをないがしろにしていることになるからです。その上で、お寺、僧侶の都合あるいは精進
  落としの会場の予約状況などをみながら決めていきます。

   ちなみに、北海道では遺骨迎えのときに四十九日の法要をかねて行ない、関西では逮夜(忌日の前夜)に
  法要を営むことがあります。
  
   日時が決まったら、次は列席者への連絡です。
  
   連絡する範囲は、一周忌、三回忌までは大勢を招くとしても、それ以降は人数を減らしていってもかまわ
  ないとされています。
  
   連絡方法は、関係によっては電話でもよいのですが、通常は、封書にして案内状と出欠の返信用はがきを
  同封(お寺や式場を利用するときは場所等の案内も同封)します。
  
   ほかに、卒塔婆供養の申し込みがあります。これを前もってお寺にお願いしておきます。もし、施主や遺
  族以外からも卒塔婆の申し込みがあるようなら、返信はがきに卒塔婆起塔の申し込み欄も設けておくとよい
  でしょう。ただし、浄土真宗には卒塔婆供養はありません。
  
   また、最近はこの後に「納骨式」を行うことが一般的になっています。もしとり行うのであれば、併せて
  その準備をします。
  
   服装は喪服を用意しますが、三回忌以降は準喪服でもかまいません。回を重ねるごとに平服になっていく
  ことが多いようですが、その場合にも地味なグレーか紺を選びます。
   
 ・法要当日
 
   法要の内容は特に決められておらず、一般的には僧侶の読経、入魂供養、遺族・参列者の焼香、僧侶の法
  話、墓参りといったところになります。
   
   入魂供養とは、葬儀に用いた白木の位牌を本位牌に代える儀式です。儀式には位牌が必ず必要ですから、
  家を出る際には必ず位牌を持って出るようにしておきます。

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved