白装束 (2020-09-05)|家族葬は福岡の【美花園】

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

白装束 (2020-09-05)

ご遺体を納棺する前、ご遺族ご親族で最期の手助けとなる

旅立ちの仕度ををします。

仏教の場合、浄土真宗を除き白装束に着替えますが、最近の傾向として、

病院で綺麗にしていただいていますので、浴衣やパジャマの上から、

また故人が好きだった洋服やドレスや着物や背広を着せて

経帷子(きょうかたびら)を遺体の上に着せ掛けるなど簡素になっています。 

正式には仏式の死に装束は白木綿の経帷子(きょうかたびら)や

手甲脚絆(てっこうきゃはん)や六文銭の入った頭陀袋(ずだぶくろ)を

首からかけてあげる。

編み笠 杖 わらじ 足袋 天冠「三角巾」を身につけて

数珠を手にかけてあげます。

頭陀袋には、以前は経本や六文銭や親族縁者の爪や髪、穀物等

を入れていましたが、最近は紙幣や枕飯や枕だんご等入れてあげます。

神式の死に装束は神衣と言う衣装を使います。

男性は白の袴に烏帽子(黒)をかぶり、笏を持たせます。

女性は白の着物に緋(赤)の袴に扇子を持たせます。

キリスト教は特に決まりはありませんので、故人が好きだった服を着せます。

いずれにしても、最近の傾向として儀式にこだわるより、自分らしい

死に装束を用意してある方もいらっしゃいますが

半数以上の方がしきたりに従ってされています。



お問合せ下さい 

 もしもの時のために

 福岡市 美花園  092-851-8181

  ㈱美花園ホームページで 

      価格や案内等ご覧下さい

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved