喪服 通夜の服装 葬儀  (2015-12-26)|家族葬は福岡の【美花園】

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

喪服 通夜の服装 葬儀  (2015-12-26)

葬儀葬式に参列する時は 小物を含め全て黒が基本です。
喪服にも 正喪服と略式喪服があります。
和装・洋装を問わず黒一色で揃えます。
ただアクセサリーは、 涙を表現する真珠の一連のネックレスをつけます。
葬儀・葬式はおしゃれの場ではありませんので イヤリング・ネックレス・指輪等つけるのなら パールにしたほうがよいでしょう。

装飾性の強いものは避けましょう。
二連のネックレスは「重ねる」という意味で ひかえた方がよいでしょう。
イヤリングもピアスも 小ぶりの一粒真珠を身につけましょう、

男性のブラックフォーマルは、慶事でも弔事でも靴下は黒と決まっています。

「白線や柄いりの入った靴下はやめましょう」

葬儀・葬式で 紺色や白色の靴下を履いている男性がいますが
靴を脱ぐと目立ちますので注意しましょう。

靴は飾りの無い黒の靴を履きましょう。
時計はシルバーがよいですが ゴールドが目立つ時は はずしましょう。

通夜へは 略式喪服で参列しますが 派手でなければ
その日着ていた 普段着でかまいませんが
それでも 派手な色、肌の露出の目立つデザイン 
光沢のある素材等は避けましょう。

男性は 仕事先から駆けつける場合は ネクタイだけは黒に取替え
悲しみの気持ちを表します。

通夜 葬儀 葬式で 和装の喪服を着るのは 喪家・遺族が多いですが
葬儀・葬式で弔問客・会葬者が 和装で弔問されるとより格式が高く 
弔意を表す事ができますが 普段 着物を着ていらっしゃる方は
着物が格式高くなりますのでよいと思いますが
一般 弔問者が 無理をして着る必要はありません。


もしもの時   ㈱美花園   092-851-8181

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved