お悔やみの言葉  (2016-02-15)|家族葬は福岡の【美花園】

24時間・365日受付年中無休

お問い合わせフリーダイヤル

0120-820-111

福岡県福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

お葬式の事ならお任せ下さい。

トップへ戻るTOP

お急ぎの方へ

お悔やみの言葉  (2016-02-15)

通夜・葬儀・葬式の際、喪家・親族へのお悔やみの言葉かけは
言葉だけで悲しみを癒すことは出来ません。
遺族へのいたわりをこめながら、言葉少なに 声を低めに述べましょう。

しかし、聞こえないようであったり 
途中て途切れるような挨拶であったらかえって失礼です。
悲しみのあまり涙してしまうこともありますが、
慎み深い挨拶を心がけましょう。
また 遺族・親族に死因や故人の直前の様子を細かく聞いたり
しないよう心がけましょう。
不慮の事故 過失による事故死などの場合は
特に氣を配りましょう。
  「この度は思いがけないことでございました。
          さぞ お力落としでございましょう・・・
              心からお悔やみ申し上げます。」

  「この度の突然のご不幸 あまりのことで
          なんと申し上げて よいものかわかりませんが
              心から お悔やみ申し上げます。」

  「突然のことでいまだに信じられない思いでございます。」

  「思いもかけない お知らせをいただきまして
           まだ信じられない気持ちでございます。」

  「突然のことで・・・ お慰めの言葉もありません。」


遺族は、看病疲れや心労で精神的にも肉体的にも
疲れていることが多いものです。

故人との思い出話などを、長々と続けると遺族は余計悲しみが深くなります。
遺族のの悲しみを、さらに募らせるような行為や言葉には気をつけましょう。

もしもの時

 福岡市 美花園  092-851-8181

←前へ ↑一覧へ 次へ→

 もしもの時

福岡市 美花園  092-851-8181

お問い合わせ

TEL:0120-820-111

ページのトップへ

0120-820-111
福岡市城南区飯倉1-2-16(荒江四つ角)

0120-820-111

Copyright (C) 美花園 All Rights Reserved